So-net無料ブログ作成
検索選択

PCXのリヤタイヤ交換 [PCX]


ついに来てしまったこの日が。

そう、PCXのリヤタイヤにスリップサインが出てしまったのだ。

2201スリップサイン.jpg

走行距離が 6700km なんだけど、こんなもんなのかな?。



小雨交じりの曇天なので、車庫の中での交換作業。

マフラー外して

2202マフラー外して.jpg



スイングアーム外して

2203スイングアームも.jpg



はい、取れました。
ブレーキシューは問題なしだね。

2204とれた.jpg



ブレーキドラムも綺麗なもんです

2205ドラムOK.jpg



ビート落とし

2206ビート落とし.jpg



タイヤレバーでぐりっと…

2207こじって.jpg



外れました~

2208外れた.jpg



んで今回もスカイウェイブの時と同じように
純正装着のタイヤは評判がよろしくないんで
こいつをチョイスしてみたの。




おっさん4輪車の方ではブリヂストン信者なんだけど
2輪車ではど~なんだろかって感じで買ってみたんよ。



古い方は見事に中央が平らになってますな。

2209新旧.jpg



組み付け、今回はつべで見つけた結束バンドを使う方法を
試してみたのよ

2210バンドで絞めて.jpg



特別簡単って訳でもなかったけど、表と裏2回はめるのが
1回で済むのでちょっとだけ楽かな

2211すぽっとな.jpg



エアを入れて組み付け完成~

2212出来た.jpg



後は車両につけて終了っと

2213かんせ~.jpg



トレッドパターンはあんまりかっこよくないかも…

2214ぱた~んは….jpg




乗ってみた感想は、ちょっとだけ柔らかいかな?
まあ、違いの判らないおっさんだからこんなもんでしょね。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

リヤボックスと競走したよ [PCX]

先日、PCXで通勤中のこと

ちょいと深めの段差で大きく車体が揺れたその後に
「ゴトッ」といった大きな音、そして「ズサ~」「ゴロゴロ~」

何事かと思って急ブレーキしつつ振り返ると、外れた
リヤボックスがPCXの横を並走していました。

しかも中身をぶちまけながら。

ありゃりゃと思いながら慌ててボックスと中身を回収
いや~田舎道でよかったよ、本当に。

それにしても今までこんなことはなかったのにと思いつつ
回収したリヤボックスの状態を確かめた。

傷だらけ1.jpg

傷だらけ2.jpg

外観はすり傷だらけだけど、特に割れとか欠けはないし
ロックボタンの動きも問題なさそうだったので
ベースに取り付けて、ロック状態を確認して出発。

しか~し、今度はちょっとした振動でまたも脱落。

こりゃもうだめだなってことで、リヤボックスを
交換することに決定~。




今までつけてたのは、ノーブランドの激安品だったので
今度は信頼のおけるこいつにしましたよ。




そう、スカイウェイブでも使ってる「SHAD」のヤツです。

前にも書いたけど、こいつは鍵を使わなくても
開け閉めできるのがほんとに便利なんだよね。

全く同じものでもよかったんだけど、今回はSH40に
してみたの。

取付ベースは共通なので、好きな時に載せ替えられるのよ。

SAHD01.jpg
SAHD02.jpg
SAHD03.jpg

てなわけで、リヤボックスが2台ともSHADになったっていう
お話でした。

タグ:PCX SH45 SHAD SH40 JF56
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

PCXでこけた時のお話 [PCX]


これまで載せてきたPCXの写真を見てお気づきのとおり
おっさんのPCXは傷だらけです。

DSCF0229.JPG

一度派手にこけた後、細かいことは気にしなくなっちゃって
結構ラフな使い方してるもんで。

そんで、こけた時の状況ってのは、いわゆる握りゴケっていうのかな
パニックブレーキでロックしてスリップダウンですな。

その時の状況がコレ。




ABSがあったら良かったのにねぇ


  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

PCXの現状 その2 [PCX]

前回に引き続き、PCXの現状です。

ただし残っているのは細かいもんばっかりだけど。
CGC製 ヘルメットロック CGC-21114

s-DSCF0346.jpg

シージーシー(C.G.C) ヘルメットロック 22-25φ用 メッキ CGC-21114

シージーシー(C.G.C) ヘルメットロック 22-25φ用 メッキ CGC-21114

  • 出版社/メーカー: シージーシー(C.G.C)
  • メディア: Automotive


シート下のトランクや、リヤボックスが荷物でいっぱいに
なっても、こいつがあればヘルメットは安心です。
(標準装備のヘルメットホルダーは、めっちゃ使いづらいのよ)



流用品の定番 ヤマハ レバーロック 36X-83965-00

s-DSCF0345.jpg

ヤマハ純正 レバー ロック 36X-83965-00

ヤマハ純正 レバー ロック 36X-83965-00

  • 出版社/メーカー: ヤマハ
  • メディア:


ほんのちょい加工が必要ですが、これがあれば信号待ちが
とってもらくちん、これは便利。おっさんのお勧めです。




デイトナ製 スマートフォンホルダーWIDE IH-250D

s-DSCF0353.jpg

デイトナ(DAYTONA) スマートフォンホルダーWIDE IH-550D リジット 92601

デイトナ(DAYTONA) スマートフォンホルダーWIDE IH-550D リジット 92601

  • 出版社/メーカー: デイトナ(Daytona)
  • メディア: Automotive


簡単ロックで、スマホをナビ代わりにする時に重宝します。



ハリケーン製 ハンドルセットバックスペーサー PLアルマイト HB0637A

s-DSCF0348.jpg



腹の出たおっさんには前傾姿勢はつらいので、ライディングポジションを
調整するために取り付け。
ハンドルを20mmバックの25mmアップ 出来ます。

ハンドルをもう少し手前に持ってきたいんだけど、これ以上ずらすには
ブレーキホースやケーブルの交換が必要になるので断念です。



おっさんのPCXの変更箇所はこのくらいでしょうか。
次回はこのスクーターを買うまでの、経緯などについて語ろうと思います。

タグ:PCX JF56
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

PCXの現状 その1 [PCX]

さてカスタムの紹介といっても、私、外見は気にしない質なので
実用性一点張りのらくちん仕様になっています。

まずパッと見で目に付くスクリーンから。

DSCF0341.JPG
こいつはデイトナ製の ウインドシールド HC (PCX用)です。




セパレートタイプで取り付け角度が変えられるのと
クランプバーが付いているのがお気に入りです。



下はサイドバイザー、これもデイトナ製で下半身の風よけです。

DSCF0342.JPG






お次はグリップヒーター、エンデュランス製の グリップヒーターHG
これの車種別専用セット PCX('14.4~)用です。

DSCF0344.JPG




これのいいところは電圧計が標準装備で、しかも電圧低下時に自動で停止する
電圧を任意に設定できるところですね。
このPCXにはキックスターターが付いてないので、バッテリー管理は重要なのです。




ハンドルカバーは OSS 製 ネオプレーン 防寒防水ハンドルカバー WNHC-03

DSCF0343.JPG
さてここまで見てわかると思いますが、完全に防寒仕様で
見た目なんか気にしない、あったかモードなマシンです。




リヤボックスはノーブランドの格安 46L キャリアはアルミ板の自作です。

DSCF0349.JPG

PCXのシート下トランクは、広さはあるものの深さが足りず
ヘルメットがうまく収まらないので、このリヤボックスで解消です。




最後はドライブレコーダー。BIKER MATE
2輪車専用は種類があまりなく、消去法でこいつになりました。

DSCF0351.JPG

モニターが無いので、取り付けと設定に手間がかかりますが
記録された画像はそこそこ綺麗で、ドラレコとしての機能は果たしています。

もっとも、今はスマホで画面が見れる新型が出ていますが。




それぞれのパーツについて、詳しいインプレはまた今度で。
長くなったので続きは次回に。


タグ:PCX JF56
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

PCX のこと [PCX]

今日はスクーター2台の内、ちいさいほうの PCX の紹介です。

IMG00114.jpg


2015年の5月に新車で購入、排気量が125ccの原付2種ですのでナンバープレートピンク

IMG00076.jpg
結構人気のある車両なので、街中でも見かけることが多いと思います。

とにかくよく出来たスクーターで、通勤から買い物ツーリングまで何でもこいの優等生です。



特徴は eSP エンジンとアイドリングストップによる低燃費。
通勤時の市街地でのストップアンドゴーでも、北国の空いた道をハイペースで走っても
しっかり低燃費なのです。

ちなみに現在走行距離 6000Km ですが、トータルでの燃費は 46.3Km/ℓ です。
(エンジン・駆動系はフルノーマルです)

だからと言って走りが悪いわけでもなく、大柄な車体の割にはキビキビ走ってくれますし
加速や最高速にも不満のない動力性能を持ってますね。

s-IMG00100.jpg

次回はこいつのカスタム内容を紹介しようかと思います。
(と、言うほどカスタムはしてませんが)

タグ:PCX JF56
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。